AF-S NIKKOR 24-70mmF2.8 ED VRはスペシャルなボケと手ぶれ補正がすごい!

AF-S NIKKOR 24-70mmF2.8ED VRの特徴

このレンズが向いている方は?

とても大きなレンズですが、その大口径ならではのクリアでヌケのある描写は見事です。
それではどのような方に向いているのでしょうか。

AF-S NIKKOR 24-70mmF2.8ED VRが向いている方
  • 解像度、描写が良いレンズが好き
  • スポーツ写真をよく撮影する
  • 風景写真をよく撮影する

強力な手ぶれ補正VR

もう一つの特徴は手ぶれ補正VRですよね。
手ぶれ補正VRにはNORMALとACTIVEがあります。
切り替えスイッチがついていますので撮影環境によって切り替えます。
通常の使用にはNORMALでよいです。ではどんな時にACTIVEを使用するかというと、揺れる船の上で撮影する時などです。

花を撮影してみました

D4S+AF-S24-70ED VR

花を撮影してみました。前ボケも後ボケもスウーッとして見事なボケですね。
そしてピント面はクリアな描写です。

D4S+AF-S24-70ED VR

開放で撮影するとトロトロのとろけるようなボケが素晴らしいですね。
フルサイズということもあり、開放で近接で撮影すると見事なボケが得られます。

デメリットは?

デメリットは結構あります。フルサイズならではの悩みです。
下記にまとめましたのでご覧ください。

デメリット
  • 重い(1070g)
  • 長い(154.5mm)
  • 大きい(フィルター径82mm)

重さはなんと1kg超えです。これは実際重たいです。フルサイズで手ぶれ補正もつけるとどうしても重くなってしまいますね。
また長さやフィルター径の大きさもフルサイズならではのサイズと言えます。

まとめ

描写は素晴らしいです。それに伴って大きく、重くなっています。
ですので、スナップ写真には向いていません。
D800シリーズなどの高画素タイプで風景写真を三脚でじっくりと。またD5などで、スポーツ写真を強力なVRを生かして撮影するなど、いかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です