XF16-55mmF2.8 ズームレンズを一本持って行くならこれ!

今回は富士フイルムのズームレンズであるXF16ー55mmのレビューです。

風景写真では解像感がすばらしい!

単焦点を組み合わせたような、そんなズームレンズです。
どの画角においても、解像感の高い写真を撮ることができます。
ズームレンズを一本だけ持って行くならば、迷わずこれでしょう!

X-T2+XF16-55mm

この写真は長野県の御射鹿池という風景写真では有名な場所にて撮りました。
どうですか、この解像感!このレンズの特徴は絞るとキレキレになるところです。
私がこのレンズで風景を撮るときは絞りF8~F10あたりを使います

X-T2+XF16ー55mm

広角側で桜の写真を撮ってみました。
やはり素晴らしい描写です。

X-T2+XF16ー55mm

開放でもシャープに撮れます。
こちらの写真は開放のF2.8で撮っていますが、ボケが綺麗ですね。

素晴らしいレンズだけどデメリットもあります

こんな素晴らしいレンズですが、デメリットもあります。

デメリット
  • 少々重い(655g)
  • 手ぶれ補正がない

ミラーレスのレンズとしては重い部類に入ります。首にぶら下げた時にフロントヘビーになります。
ここは素晴らしい写りのためと割り切るしかないです。
手ぶれ補正はついていませんが、新発売されるX-T4に手ぶれ補正がつきますね。
今後もカメラ側で手ぶれ補正が実装されれば、XF16-55mmの良さはさらに上がっていくでしょう。

まとめ

旅行などでカメラの荷物は少なくしたい!という時、なにか一本持って行くならばこれでしょう!
とにかく写りが素晴らしいので、写真が楽しくなります。
富士フイルムを使っていて、ズームレンズがお好きな方におすすめの一本です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です